• HOME

市民のみなさまへ

神戸・ポートアイランドで進められている震災復興プロジェクト“神戸医療産業都市”。
その目的のひとつは「市民の健康・福祉の向上」です。
神戸医療産業都市で生み出された新しい医療をいち早く市民の皆さまに提供できるよう、
また高度で専門的な治療を数多く受けられる魅力ある街づくりを目指しています。

Q:市民のみなさまの疑問にお答えします。

神戸医療産業都市への疑問

  • どうして“神戸医療産業都市”を始めたのですか?
  • どんなことをしているのですか?
  • 再生医療とは?
  • 臨床研究・治験とは?
  • 次世代スーパーコンピュータ「京(けい)」で何ができるのですか?
  • 私たちの生活にどんなメリットがあるのですか?
  • もっと見たいな、知りたいな!
どうして神戸医療産業都市を始めたのですか?
解答 震災イメージ

阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた神戸の経済を立て直し、
市民の皆さまに高い水準の医療を提供するために、震災復興事業として始まりました。

もっと詳しく
どんなことをしているのですか?
解答 研究の様子

これまで治らなかった病気の治療法や薬、体に負担の少ない治療技術の開発などを研究しています。また革新的な治療効果が期待できる新規医療技術をいち早く市民の皆さまに提供できるよう、再生医療の手法を使った臨床研究(治験)を行っています。

もっと詳しく
再生医療とは?
解答 イメージ

病気やケガで働かなくなった組織や臓器の機能回復を目指すことです。
理化学研究所では、ショウジョウバエやアフリカツメガエルなどを用いて、生き物がどのように発生の過程をたどるのかなど、再生医療につながる研究をしています。

先端医療センター研究所では、細胞を使った脳梗塞の治療や足の血管の再生、目の角膜再生など新しい医療の実現を目指した研究をしています。

また先端医療センター病院では、理化学研究所と共同でiPS細胞を用いた目の網膜再生の臨床研究を開始しました。

もっと詳しく
臨床研究・治療とは?
解答 臨床研究イメージ

新しい治療法や薬が一般的な治療法や薬として認められるために、ひとを対象として安全性や有効性を確かめる研究を「臨床研究」といいます。また臨床研究のうち、薬事法に基づく医薬品医療機器の承認を得るために実施される臨床研究を「治験」といいます。
現在、さまざまな治療が受けられることが可能になっているのは、過去に行われた臨床研究に参加された患者さまによりもたらされるものです。
先端医療センターでは、再生医療の手法を使った臨床研究(治験)を行っています。

もっと詳しく
次世代スーパーコンピュータ「京(けい)」で何ができるのですか?
解答 理化学研究所

提供:理化学研究所

神戸医療産業都市では、平成24年度から本格稼働した「京」を使った研究も始まっています。例えば、製薬会社が新しい薬を開発するために、京を使ったシミュレーション(模擬実験)を行っています。

もっと詳しく
私たちの生活にどんなメリットがあるのですか?
解答 チャイルドケモハウス

チャイルドケモハウス

平成23年7月、先端医療センターに隣接して中央市民病院が完成(移転)しました。この中央市民病院の周辺に、切らないがん治療を行う「神戸低侵襲がん医療センター」、在宅復帰に向けた早期リハビリテーションを提供する「西記念ポートアイランドリハビリテーション病院」、小児がんの子供が治療を受けながら家族と安心して滞在できる「チャイルドケモハウス」が開院しました。
市民の皆さまに身近な場所で高度で専門的な治療を受けていただくことができるようになります。

もっと詳しく
もっと見たいな、知りたいな!
解答

●市民の皆さまに神戸医療産業都市の取り組みを知っていただくイベントを開催しています。

もっと詳しく

●「探検!神戸医療産業都市!中高生のワクワク!ドキドキ!突撃レポート」
  神戸の中学・高校生が、神戸医療産業都市で活躍する研究者やお医者さんを取材します。

もっと詳しく


情報サイト:その他にも難治性疾患(難病)に関する情報発信を行っています。
[がん情報サイト]

がん情報サイト
[アルツハイマー病情報サイト]

アルツハイマー病情報サイト